脱毛をしている方に厳禁なのが「日焼け」です。

脱毛中にもかかわらず
日焼けしてしまうことで効果が発揮されず失敗を引き起こしていることになります。
脱毛サロンも「日焼け」には敏感です。脱毛サロンでの質疑応答には「日焼けしたかどうか」があります。
この「日焼け」。普通に日常生活を送っていれば紫外線を浴びます。これは致し方ないことです。脱毛を失敗に導いてしまう日焼けについてお話ししましょう。
・外にでて日光に浴びたか
・紫外線対策をきちんとしていたか
の質問事項にどのような返答をしますか。日本には四季があります。ですから季節によっても違ってきます。
《春や冬》

・この時期は比較的紫外線の弱い時期になります。目安としては2ヶ月以内に外に出る機会があったけれど、日焼けをしていないと言える場合は脱毛はできます。

しかし2ヶ月以内に日焼けをしたと思えるならば、脱毛ができません。
このような場合はそれから1ヶ月後に脱毛することになります。
《夏や秋》

・この時期の紫外線の強いですね。日焼けをしたときから3ヶ月間は脱毛ができません。
3ヶ月以内に外に出る機会はあったけれど日焼けをしていないけれど紫外線対策もしていなかった人は1ヶ月後から脱毛を開始になります。
サロンのカウンセリングの時にしっかりと確認しましょう。黙っていてもトラヌルは起こる可能性が高くなります。日焼け跡がある方は施術を断るサロンもあります。
脱毛中の日焼けはもってのほかです。日焼けは肌トラブルの原因になりますから、紫外線対策をしっかりしましょう。

Leave a Reply